マンガ、ドラマ、アニメ

科捜研の女 Season 19 第8話の視聴率と感想、第9話のあらすじ、ネタバレ

投稿日:

Sponsored Link

スポンサードリンク

この記事では2019年6月6日(木)に放送されたドラマ「科捜研の女 Season19」の第8話の視聴率や感想を書いていきたいと思います。

放送開始から20周年を迎えた人気のミステリードラマ。今シリーズは1年間のロングラン放送となっています。

まだ8話目であれば「気になっているけどまだ観ていない…」という方でも、この記事を読めばまだ追いつけます。

そして次回放送の第9話の気になるあらすじとネタバレについてもまとめたので、ファンの方も要チェックです!

科捜研の女 Season 19 第8話の視聴率

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/story/0008/

まずは第8話の視聴率から調べていきたいと思います。

第8話の平均視聴率は12.1%でした。7話の視聴率より0.2ポイント低くなっています。

8話までの視聴率は5話のみ1ケタ台となっていますが、他の回ではずっと12%以上を記録しているので、安定した視聴率を記録していると考えられます。さすが20周年を迎えた人気ミステリードラマです。

昔からのファンでずっと観ている方も多いと思いますが、基本1話完結の物語となっているので、初めて観る方でも観やすいことも視聴率が安定している要因とも考えられます。

前後編として1つの物語となる場合でも、後編の冒頭では前編のあらすじを紹介してから後編の物語が始まるので、その点も視聴者が「観てみようかな」と思える要素かもしれません。

そして、所々でクスッと笑えるような小ネタやパロディが挟まれていて、SNSでも話題になっています。そういった点でもミステリードラマをあまり観たことが無い方でも観やすくなっていると思います。

スポンサードリンク

科捜研の女 Season 19第8話の感想

次は第8話についてTwitter上で視聴者がつぶやいた感想について書いていきたいと思います。

8話は7話からの続きになっていて、7話の中で強盗傷害事件、少女の連れ去り事件を起こして逃走していた新浜陽一容疑者が刺されて死亡している状態で発見されるところから始まります。

7話からの舞台が京都・和歌山となっていて、立て続けにトラブルが起こっているのでSNS上では

一方で、壁ゴンなど女性ファンがキュンキュンするようなシーンもあり、

ミステリー要素だけでなく、女性がキュンキュンする要素もしっかり取り入れられた回でした。

スポンサードリンク

科捜研の女 Season 19 第9話のあらすじとネタバレ

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/story/0009/

最後に第9話のあらすじとネタバレについて書いていきたいと思います。

9話は“京都観光促進センター”というところから榊マリコと土門薫へ相談が舞い込むところから始まります。

京都観光促進センターでは京都を訪れる観光客向けに専用アプリを使って京都らしい音を体感させる“京都サウンドAR”といったプロジェクトを進めていたのですが、共同開発者で音響を担当していた音響研究家の尾藤奏吾が失踪してしまいました。

その後、京都観光促進センターには「プロジェクトを中止しないと恐ろしいことが起きる」といった謎の脅迫メールが届き、爆弾が爆発する瞬間を収めた動画が科捜研に送りつけたれる事態にも。

果たして失踪した尾藤は無事に見つかるのでしょうか?脅迫メールの意味とは、爆弾が爆発する動画とは一体どういう意味なのでしょうか?気になります。

そして9話の予告では「マリコ、池の水を全て抜く!?」といった予告もされていたので、ここも見どころですね。

ポンサードリンク

まとめ

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/story/0008/

いかがでしたでしょうか?

8話では7話から謎だった部分が明らかになって、気になっていた部分がすっきりしました。

しっかりと作りこまれたミステリーに、壁ゴンやネクタイなど女性をキュンキュンさせる要素もあり、旬のネタでのパロディもあり…と、さすが20周年を迎えた人気ミステリードラマなだけありますね。

個人的には池の水を抜いたあとにその池で何をどうするのかがとても気になります。

次回の放送まで1か月間が空きますが、1か月が待ちきれませんね。

スポンサードリンク

-マンガ、ドラマ、アニメ

Copyright© ちょっと気になるあれやこれ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.