事件・事故 地域

田名部中学校(青森県)の高跳び授業で事故!生徒が次々骨折!なぜ5センチのマットを使ったのか?

更新日:

Sponsored Link

スポンサードリンク

青森県むつ市の田名部中(生徒629人)で、体育で走り高跳びに取り組んだ複数の2年生の生徒が、骨折などの怪我をしていた事判りました。

 

原因は、着地点に衝撃をやわらげる為に敷くマットの厚みが、不足していたからと見られています。

 

使われていたのは、厚さ5cmの前転などの体操に使われる普通のマットでした。これとは、別に走り高跳び等にも使う厚さ40cmのソフトマットもありましたが、使われませんでした。

 

最初の生徒が怪我をした時点で、保護者から薄いマットの使用に関して、指摘がありましたが、翌日以降も薄いマットが使われ続け、怪我や体の部位を痛める生徒が続出しました。

 

なぜ、このような事が起きたのか、調べてみました。

田名部中学校(青森県)の高跳び授業で骨折事故

青森県むつ市の田名部中(生徒629人)で、体育で走り高跳びに取り組んだ複数の2年生の生徒がけがをしていたことが24日、分かった。着地点に敷くマットの厚みが不足していた可能性がある。骨折した生徒もおり、和田正顕校長は「指導方法を改善し、けがのない教育を目指したい」と話している。

 同校や生徒らによると18日、高さ125センチに挑戦した男子生徒が右手首の骨を折った。21日には別の男子生徒も左手首の骨にひびが入った。いずれも着地の際に転倒した。他に複数の生徒が尻を打ったり、脚の筋を痛めるなどしたという。

 跳び方はいずれもはさみ跳び。踏み切った足と反対側の足を振り上げてまたぐようにしてバーを越える。

 着地点には前転などをする際に使う厚さ約5センチのマットが置かれていた。同校にはより厚みのあるソフトマットもあったが使用されなかった。

 保護者から危険性を指摘する相談も寄せられたが、18日以降も同じマットを使った指導が行われていた。

 青森県教委スポーツ健康課によると、はさみ跳びの場合は薄めのマットを使うこともある。高くなればソフトマットを準備するのが一般的だが、個人差があるため基準はないという。田名部中の授業で最も高く跳んだ生徒は、バーの高さが145センチだった。

 名古屋大大学院の内田良准教授(教育社会学)は「安全対策で防げる事故もある。なぜ、けがをしたのかしっかりと分析してほしい」と話した。


引用元:
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201906/20190625_23024.html

スポンサードリンク

田名部中学校(青森県)の場所は?

田名部中学校の場所はこちらになります。

学校のホームページ

http://www.tanabu-h.asn.ed.jp/

生徒数が600人を越えているので、かなり大きな学校ですね。

スポンサードリンク

なぜソフトマットでなく5センチのマットを使ったのか?

当時、授業で飛んだ走り高跳びのバーの高さは、145cmでした。青森県スポーツ健康課によると、はさみ跳びの場合には、薄いマットを使う事もあり、個人差がある為、明確な高さと使うマットの基準は規定されていないそうです。

走り高跳びの場合、着地のさいの手の着き方等でも、怪我をする事があるので、怪我の原因とマットの厚さの因果関係を、体育指導教師が配慮できなかったという事だと思います。

 

ただ、40cmのマットがあったならば、最初の怪我が発生した時点で、より安全な授業を行う為の配慮がされるのは、当然です。

 

少なくても、翌日も手首の骨にヒビの入る怪我が出ているので、バー高さと緩衝材のマットの厚みがつり合っていないと考えるのが適当ですし、複数の怪我人が続出するまで、授業を続ける必要も無かったと思われます。

スポンサードリンク

ネットの反応

皆さん、「信じられない」という意見が多いですね。特に、陸上部の経験者や、陸上競技を指導する立場の人からは、安全面の配慮が足らないという意見が出ていました。

スポンサードリンク

まとめ

授業とはいえ、陸上競技の種目にあるようなメニューに挑戦する時、生徒は自身の全力を出します。

つまり、普段やりつけない事を、全力でやるのですから、安全対策は、オーバーなくらいで、ちょうど良いはずです。

陸上部等で、やりつけている人が、自然にできている事が、たまの授業でやる生徒には、できていないし、それが当たり前と考えないといけません。

授業の進行よりも、安全を第一に考えて欲しいものです。

スポンサードリンク

-事件・事故, 地域

Copyright© ちょっと気になるあれやこれ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.