政治、経済

三井義文がれいわ新選組から出馬!学歴や経歴、選挙出馬での世間の評判や声は?

投稿日:

Sponsored Link

スポンサードリンク

山本太郎さんが代表を務める「れいわ新鮮組」から出馬することが発表された三井義文(みつい・よしふみ)さんについて、学歴や経歴、選挙出馬についての評判をお伝えしていきます。

 

三井義文がれいわ新選組から出馬!

れいわ新選組公認候補予定者三井よしふみ発表記者会見2019年7月1日

で、ガチンコで戦う姿勢が山本太郎代表の魅力だと語っています。

コンビニ問題の関係で、いろんな政治家の方とお話しする機会があったようですが、政治に疑問を抱いていたようです。政治家は信用できないと感じていましたが、山本代表の言っていることが変わらない、一貫しているところが信じられると言っていました。

このことから、れいわ新選組から出馬を決めたのではないかなと思います。

スポンサードリンク

三井義文(れいわ新選組)の学歴

三井義文さんは1956年9月29日生まれ、熊本県出身です。

明治大学の経営学部を卒業しています。

 

三井義文(れいわ新選組)の経歴

大学卒業後、住友銀行(のちに三井住友銀行)に入行します。

東京外貨事務部、国際金融事務部、資金為替部

ロンドン支店、事務総括部、国際総括部

インドネシア現地法人監査部

銀行員としての27年間の勤務では海外の生活が長かったようです。

いわゆる、エリート街道を進んできた方なのではないでしょうか。

 

しかし、銀行の名前ではなく、自分の足で人生を送りたいと考えていた時、250万で自営業ができることを知り、銀行を早期退職してコンビニオーナーになることを決めました。

千葉県でセブンイレブンを開業するも、9年目に本部から契約解除されました。

その後は軽量貨物運送業に就いていました。

 

事業主として契約したものの、売上金は毎日本部に1円まで送金させられて手元に残らず、親の葬儀にも出ることができず、不採算性に気づいて辞めようにも損害賠償を請求され辞めたくても辞められないという事態に陥りました。

セブンイレブンでコンビニオーナーになったことについて、無償で無限大の労働を供給させられるシステムに巻き込まれたと主張しています。

 

「日本だけが持っていないフランチャイズ規制法を制定し、加盟店が幸せに働ける業界にしたく立ち上がりました。」と語っています。

スポンサードリンク

三井義文(れいわ新選組)の選挙出馬の評判は?

YouTubeのコメント欄には、応援するコメントが多く寄せられていました。

そして、一番多かった反応はコンビニ問題についての衝撃でした。

災害があってもオーナーは最後に逃げろ、と言いながらも本部は事前に高台に逃げていたこと、労働時間の残業が忙しい時で月420時間、平均しても月360時間も働いていたことに衝撃を受けました。

三井義文さんの熱さが響いたようで、「何としても国会に送り出したい。」というコメントもありました。

スポンサードリンク

ネットの声

「ガチ人間コンテスト」闘う気持ちがある人が集まっているというのは、頷けます。

全面的に応援するという意見が多数見受けられました。

三井義文さんの人柄を通じて、山本太郎代表のことを高く評価されています。

会見の中で話した内容を、自分の心がけにしようと決めた方もいらっしゃいました。

「競争じゃなくて切磋琢磨したい。一生のうちでこれをやらないと絶対悔いが残る」この言葉は誰にでも当てはまるんじゃないかなと思います。

スポンサードリンク

まとめ

三井義文さんは1956年9月29日生まれの62歳です。

銀行員を経て、コンビニオーナーになりました。

コンビニオーナーを務めている間に、理不尽なことを多く経験したことから、変えたいと熱意をもって「れいわ新選組」から出馬することを決めました。

ネットの声を見ると、応援している方が多い印象でした。

選挙戦、三井義文さんは当選することができるのでしょうか。このような熱い方に、頑張っていただきたいです。

スポンサードリンク

-政治、経済

Copyright© ちょっと気になるあれやこれ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.