エンタメ 生活

大島真寿美の学歴、経歴と wiki プロフは?家族や直木賞受賞までを調査

投稿日:

Sponsored Link

令和最初の第 161 回芥川賞・直木賞が17日に発表されましたね! 

今回の直木賞を受賞したのは、「渦 妹背山帰女庭訓読 魂結び」の著者である大島真寿美さんでした。 

数々の候補があがるなか、自分の本が令和最初の直木賞に選ばれるというのは想像もできないような気持ちになるのでしょうね・・・ 

 

一体、大島真寿美さんとはどんな方なのでしょうか? 

ではさっそく彼女について知っていきましょう! 

 

大島真寿美さんが令和初の直木賞受賞! 

引用元:https://www.asahi.com/articles/ASM7K71RQM7KUCVL02J.html?iref=pc_extlink

先ほどに言った通り、大島真寿美さんは「令和最初」の直木賞を受賞された方というわけですが、元号が変わるという大きな節目

の最初に受賞できたというのは、まさに、“言葉にできない気持ち”なのではないでしょうか・・・ 

実際に大島真寿美さんは、発表された当日、都内で行われた会見で「びっくりしています。あまり実感がない感じです。」とおっ

しゃっています。 

きっと人って、本当に願っていたことが叶ったときほど、実感がわかないのではないでしょうか? 

そして、まわりからの反響や環境が少し変わり始めることで、じわじわと実感していくのでしょうね! 

じわじわと実感がわいていく時間も幸せですよね~! 

そして今回受賞した著書「渦 妹背山帰女庭訓読 魂結び」について、「この世界をもうすこし書きたい」とも明かしています。 

大島真寿美さんのファンの方たちは、待ちきれないのではないでしょうか! 

そしてますますこの世界に引きこまれていきそうですね~! 

 

大島真寿美さんの wiki プロフィール 

では、大島真寿美さんの wikipedia でのプロフィールはどうなっているのでしょう! 

みていきましょう! 

名前 大島真寿美(おおしまますみ) 

誕生 1962 年 9 月 19 日 

職業 小説家 

最終学歴 南山短期大学人間関係科 

活動期間 1992 年―現在 

主な受賞歴 第 74 回文學界新人賞 

デビュー作 「宙の家」 

となっています。 

活動期間は 1992 年からとのことなので、 

大島真寿美さんは 30 歳のころから小説家になったということですね! 

30 歳になってから、小説家になり、令和最初の直木賞受賞・・・ 

人生ってすごいですね~!わからないものですね! 

大島真寿美さんは小説家になる前は、1985 年から劇団「垂直分布」主宰、脚本・演出を担当していたそうです。 

高校在学中から脚本の随筆をしていたみたいです・・・すごい・・・ 

しかしその劇団は 1992 年に解散してしまい、小説家へ転身して、現在に至る、というわけですね! 

大島真寿美さんの学歴と経歴 

高校時代から脚本を書いていたという大島真寿美さんですがどんな学歴・経歴の持ち主なのでしょうか? 

さっそく調べていきましょう! 

大島真寿美さんは、愛知県の名古屋出身の方で、実は中学3年生の進路希望で「文筆家」とすでに書いていたようです。 

高校は愛知県立昭和高等学校というところで、この高校で過ごしていた頃から小説家としての大島真寿美さんが誕生していたとい

うことですね・・・ 

そして大学は、南山短期大学人間関係科を卒業しています。 

人間関係科では、小説を書くために人間の何かを学ぶことができたのでしょうか? 

勝手な推測ですが・・・ 

中学生の頃からの夢をしっかり叶えたということですね! 

すばらしいです!素敵ですね! 

小説家に転身してからの大島真寿美さんは現在まで数々の作品をだしています。 

文學界新人賞を受賞した「宙の家」からはじまり、なんとおよそ 30 作品! 

そのなかでも、2003 年の「チョコリエッタ」は映画化されています! 

なんといっても、主演が森川葵さんと菅田将暉さん・・・ 

最高じゃないですか・・・ 

2010 年「ビターシュガー」も 2011 年に NHK でドラマ化されました。 主演はりょうさんです! 

いや~、大島真寿美さんに夢が叶うということを証明されているようです・・・ 

 

大島真寿美さんの家族や直木賞を受賞までの経緯 

大島真寿美さんの結婚については、全く情報がありません・・・ 

結婚しておられないか、非公開にしているのかのどちらかではないでしょうか 

直木賞受賞までは、小説家に転身してからおよそ 27 年の時間があり、たくさんの作品がありましたが今回の作品の誕生は「歌舞伎

をテーマにした小説を書いてみませんか」という話からはじまったそうです。しかし大島真寿美さんは書ける気がしなかったよ

う・・・ 

そんなとき「妹背山帰女庭訓」だったら書ける気がして書き始めたそうです。 

そして書いた作品が見事に直木賞を受賞したということで、ほんとうにおめでたいですね! 

 

ネットの声 

今回の大島真寿美さんの直木賞受賞について 

ネット上ではどのような声がでているのでしょうかみてみたところ、 

直木賞を受賞する前からファンだった方は本当に喜んでいる様子ですね! 

それはもちろんそうですよね~!「納得!」の一言なのでしょう。 

そしてほかの声としては、直木賞を受賞したことによって気になり始めて「読んでみよう!」となっている方も 

多いようです!きっとこれからますますファンが増えること間違いないですね~! 

 

まとめ 

ここまで、大島真寿美さんについてまとめてきましたが、 

「おめでとうございます」という気持ちでいっぱいになりました! 

これから、どんな作品がでてきるのかますます気になりますね! 

令和最初の直木賞受賞作品「渦 妹背山帰女庭訓読 魂結び」、 今すぐ読んでみましょう!!

-エンタメ, 生活

Copyright© ちょっと気になるあれやこれ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.