事件・事故

青葉真司のfacebook顔画像を特定?京アニ(京都アニメーション)放火の動機も

更新日:

Sponsored Link

7月18日に起こった京アニの放火事件。

33人もの方が亡くなってしまい、いまだに1人の安否が分かっていません。

 

平成以降で大惨事となった今回の放火事件ですが、犯人も怪我を負っており現在も治療を受けているということです。

いったいこんな事件を起こした犯人とはいったい誰なのでしょうか。

 

犯人や事件場所、動機についてより詳しく調べてみました!

 

京アニ火災事件の犯人は青葉真司?

報道では犯人は、41歳のさいたま市在住の男であると言われています。

しかしネットでは、「青葉真司」という男が犯人ではないかと言われていますので検証していきます。

 

まず犯人は、2012年に茨木県内でコンビニに包丁を持って強盗に入り、逮捕されたという経歴があります。

当時逮捕された男が「青葉真司」であること、さらに当時の年齢が34歳で現在が41歳ですので、年齢も合致していることが分かっています。

Sponsored Link

京アニ火災事件の場所は?

では放火事件のあった現場を見ておきましょう。

 

場所はこちらです。

住所:〒612-8007 京都府京都市伏見区桃山町因幡15−1

 

こちらの1階でガソリンをまいて火をつけたと犯人は供述しています。

Sponsored Link

>

青葉真司のプロフィール、顔画像

では犯人とされている青葉真司のプロフィールを見ていきましょう。

 

名前・青葉 真司

年齢・41歳

住所・さいたま市、1Kで家賃4万円で4年前から在住

出身地・茨城県

職業・無職

体格・身長180cm程度、大柄

雰囲気・無精ひげ、体臭あり、スポーツ刈りにめがね

 

確保されたときの画像はこちらです。

まだ確定はしていませんが、なんとなく雰囲気は似ているなと感じることができます。

 

青葉真司のfacebookを特定?

どのような人物かを探るために、SNSを調べてみました。

 

しかし本人と思われるようなSNSの情報は見つかりませんでした。

分かり次第、追記していきたいと思います!

Sponsored Link

京アニ火災事件の動機は?

当初動機としては、「パクリやがって!」と言いながら犯行に及んでいたことから何か強い恨みがあるのではないかと言われていました。

 

5chでは、青葉真司の動機についてこう推測されています。

犯行前日まで、5ch内で京都アニメーションのスレを荒らしていた男が突然姿を現さなくなったということもあり、スレを荒らしていた人物の犯行ではないかと言われています。

 

この人物は「響け!ユーフォニアム」のスレに書き込みを続けていて、このようにずっとスレを荒らしていました。

 

事件の1週間前にはこんな書き込みをしています。

実は犯人はバリサク君と言われていて、「バリバリ順光(観光)でサクっと撮影」略して「バリサク」という自身のキャッチを頻繁に投稿していました。

撮り鉄としても有名で、バリサクは京アニに「響け!ユーフォニアム」をパクられた怒りで犯行に及んだのではないかと言われています。

バリサク君は自身の撮り鉄活動を「バリサク」と言いそれを普及しようとしていました。

 

しかし京アニの「響け!ユーフォニアム」のキャラクターが曲をバリサクソロで演奏すると言っており、この「バリサク」という言葉が「パクった」ということの理由なのかもしれません。

作品をパクられたということではなく、「バリサク」という言葉が犯行の原因となってしまった可能性が高いですね・・・。

 

放火事件以降この「バリサク君」の書き込みがなくなっていることから、「バリサク君」=青葉真司なのではないかという方程式が生まれています。

 

ネットの反応

バリトンサックス=バリサクという言葉のほうが先に存在していることは明らかです。

 

ですのでもしこれが本当に動機だったとしたら、先に調べていればこんなことにはならなかったのではないかと思います・・・。

 

まとめ

以上、京アニ放火事件の犯人、動機について詳しく調べてみました。

犯人も動機もまだ確定しているわけではありませんが、もし本当だとしたらちょっと信じがたい動機です。

これから徐々に犯人や動機の情報も出てくると思いますので、チェックしていきましょう!

-事件・事故

Copyright© ちょっと気になるあれやこれ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.