スポーツ

西純矢の経歴や帽子の言葉、秘密は?身長体重や父、オリックスの選手と親戚?

投稿日:

Sponsored Link

ドラフト候補の西純矢選手について、プロフィールや帽子の裏に隠された言葉や、帽子の秘密、親戚についても調べてみました。

西純矢のプロフィール、身長体重や経歴

まずは西純矢選手のプロフィールから見ていくことにしましょう。

西純矢(にし・じゅんや)選手は2001年9月13日生まれです。

身長は184cmで体重は79kgです。

出身地は広島で、現在は岡山の創志学園高校に通っています。

ポジションはピッチャーで、右投右打の選手です。

 

西純矢選手は、小学2年生の時に野球を始めました。

この時は「鈴が峯レッズ」という、広島市西区のスポーツ少年団・軟式野球チームに所属していました。

5年生の時にはキャッチャーを担当し、6年生でエースになります。

中学に上がってからは「ヤングひろしま」という広島市東区を拠点とする少年硬式野球クラブでプレーしていました。

2年生の時に全国大会で優勝。3年生の時にはNOMOジャパンに選出され、ロサンゼルスで地元チームとの試合やメジャーリーグを観戦するなど貴重な経験もしています。

この時の写真がこちらです。

 

創志学園に入学してからは1年の春からベンチ入りを果たし、夏にはリリーフとして145キロをマークしました。

2年になってエースを任されると、夏の選手権大会予選では4試合4完投で優勝します。

予選決勝では2018年のドラフト候補だった引地秀一郎選手との投げ合いになりましたが完封勝利を飾りました。甲子園に移ってからは、2試合で25奪三振を記録し最速で150キロをマークするなど、注目度が上がります。また、試合中にガッツポーズをしないよう、球審に指摘されて話題にもなりました。

甲子園で注目されてからU-18日本代表にも選ばれています。

Sponsored Link

西純矢の父親は?

西純矢選手のお父様の雅和さんは、去年お亡くなりになりました。

突然のことだったようです。享年45歳という若さでした。

生前、雅和さんは「甲子園に行ってくれ」と言っていたようです。

Sponsored Link

>

西純矢の帽子の裏の言葉や帽子が落ちるのは?

西純矢選手の帽子の裏には文字が書かれています。

それは「緊張するとこわばるので」「笑顔」という文字と「10.11」です。

自分で緊張をほぐす工夫をしていたのですね。

「10.11」は去年亡くなられた父の雅和さんの命日だそうです。

お父さんが見守っていてくれるという想いが込められているのかもしれません。

 

帽子が落ちるシーンがよくあるのは、調子が悪い証拠だそうです。

専門家の話によると、投球フォームが安定していないと帽子が落ちてしまうことがあると言われているそうです。

先発で出場した際に、前半は投げるたびに帽子が落ちていたのに対し、後半になるにつれて帽子は落ちなくなって調子がよくなり三振も多くとれるようになったということがありました。

Sponsored Link

親戚のオリックスの選手は誰?

プロ入りしてからずっとオリックスでプレーしていた選手に、同じ苗字の「西」選手がいます。

まさかと思い調べてみると、西勇輝選手と西純矢選手はいとこの関係にありました!

西勇輝選手は、長年在籍したオリックスを離れて現在阪神タイガースでプレーしています。

いとこの試合を観に来たとInstagramのストーリーズでアップされていたようです。

プロ野球選手が親戚にいるということも驚きですが、いとこ同士でプロの舞台に立って同じチームで活躍するだとか、敵チームになって対決するとなれば、また話題になりそうですね。純矢選手にとっては、頼れるいとこのお兄ちゃんなのではないでしょうか。

 

まとめ

ドラフトで注目されている候補の西純矢さんについてお伝えしてきました。

日本代表に選ばれるなど、素晴らしい経歴と経験をもっていました。

親戚はプロ野球選手の西勇輝選手です。

今年の甲子園は地方予選敗退となってしまいましたが、プロになって甲子園に立ってほしいですね。

-スポーツ

Copyright© ちょっと気になるあれやこれ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.