ニュース

東須磨小学校問題、いじめ行為が50項目!被害者教師は市役所に相談していたが、、

更新日:

Sponsored Link

最近かなり話題になっている東須磨小学校のいじめ問題に新たな事実が発覚しまたもや話題となっています。

そもそも子どもに勉強だけではなくいろんなことを教え、見本のような存在にならなければいけない教師がこんなことをしているとは、いつになっても何度ニュースをみても理解できません。

子どもにとっても悪影響ですよね・・・

 

今回は被害者教師が市役所に相談を持ち掛けていたことやいじめ行為が50項目もあったということについて詳しく調査していきたいと思います。

 

東須磨小学校いじめ問題の概要

まずは話題となっている東須磨小学校いじめ問題の概要からみていきましょう。

 

神戸市須磨区の市立東須磨小学校の20代男性教師が同僚の先輩教員4人からいじめ行為を受けていました。

発覚したのは別の複数の教師たちからの相談からだったようで、20代男性教員は昨年から継続的に暴言や暴行を受けていたとのことです。

 

いじめの内容としては、激辛カレーを食べされたり目にこすりつける、ボケ・カスなどの暴言を吐く、20代男性教師の車の上に乗る、コピー用紙の芯でお尻を叩く、羽交い絞めにする、LINEで別の女性教師に性的なメッセージを送るように強要する・・・などです。

 

加害者側の教師たちは指導され、7月に「人間関係のトラブル」などと報告したようです。

しかし9月になってから被害を受けていた男性教師の家族から連絡を受け、調査が開始されました。

 

結局は最初の指導の意味は全くなかったのでしょう。

加害者側には何も響いていなかったのではないでしょうか。

むしろ、イメージ的には中途半端に加害者を刺激すると悪化してしまうような気がします。

そもそも、いい大人がそんなことをしているのですから、そんな人たちに何を言ってもすぐに改善されるなどないと思います。

 

もっとはやくにいじめを受けていた男性教師を助けてあげるべきだったと思います。

昨年から今まで、本当につらかったと思います。

よくここまで耐えたな、と。

ここまで苦しみ続けてきた男性教師の気持ちを考えると本当に胸が痛みますね。

一方で、加害者側の教師たちには、二度と子どもには関わってほしくありません。

そんな権利はもうないでしょう。

関連記事:東須磨小学校での性行為強要した教員は蔀俊?SNS投稿から考察加害者の謝罪文も!

東須磨小学校同僚いじめた加害者特定?長谷川雅代、蔀俊、柴田祐介、佐志田英和の顔画像は?

Sponsored Link

いじめ行為が50項目もあった?その内容は?

いじめを受けていた男性教員がされたいじめ行為は想像よりはるかに上回っていることがわかりました。

みなさんのなかで印象が強いものと言えば、“激辛カレー”のような感じがしますが、実は今まで明らかになっていなかったいじめ行為が山ほどあったのです。

なんと、いじめ行為は50項目にも及ぶようで、その内容は聞けば聞くほど胸が痛くなるものばかりです。

 

公表されたものをいくつか紹介していきます。

・熱湯の入ったやかんを顔につける

・呼吸困難になるほど首を絞める(複数回)

・空き瓶で頭を叩く

・はいているジーンズを破く

・カバンに氷を入れる

・「お前みたいなやつ、いじってやってんねんから感謝しろ」などと暴言

・携帯電話にロックをかけ使用できなくする

・ドレッシングや焼肉のたれを飲ませる

・髪の毛や服に大量の接着剤をかける

 

などです。

これはほんの一部なので、実際には数で言えばこれの5倍以上のいじめ行為を受けていたということです。

これのうちどれかひとつでさえ、立派ないじめになるのに、50項目というのは、考えるだけでしんどくなります・・・

 

ドラマや映画の世界以上の壮絶ないじめですよね。

こんなことが現実であったんだ、と思うと、非常に悲しい気持ちになります。

しかも、加害者は教師・・・

生徒たちもかわいそうです。

そんな大人たちに教えてもらうことなど何もありません。

Sponsored Link

>

被害者教師は市役所に相談していたが、その後の対応は?

昨年から継続的にいじめを受けていた男性教師は、いじめを市役所に相談していたことが明らかになりました。

しかし、市の教育委員会はそれを把握していなかったのです。

 

しかも今回発覚したいじめ以前にも東須磨小学校ではいじめがあったのです。

以前勤務していた教師が2018年1月から2月の間に前の校長にパワハラ被害を受けたと市の窓口に相談していました。

さらにこの教師の前任の教師も前の校長によるパワハラを市に相談していました。

それにもかかわらず、市の教育委員会は把握していなかったのです。

 

ひどいことですし、信じられません。

何のために勇気をだして、相談しに行っていたのか。

把握していなかった、なんて通用しないと思います。

 

助けを求めたときに、しっかり助けることができたら、こんな大きな問題になることも、男性教師が休職することも無かったかもしれないのに・・・

 

どうして相談したにもかかわらず、把握していない事態になってしまったのでしょうか。

 

相談しても何も改善されず、耐えてきた長い時間は本当にしんどかったでしょう。

 

神戸市の久元市長は来週中にも調査チームを設置する方針を示しているようです。

調査も何も、もう遅いような気もしますが・・・

もっとはやくにいじめを無くすことができていたら、と思うと悲しいですね。

せっかく教師として子どもたちと関わって有意義に過ごせるはずが、いい大人の理解できないいじめのせいで、こんなことになってしまうなんて・・・残念です。

関連記事:東須磨小学校での性行為強要した教員は蔀俊?SNS投稿から考察加害者の謝罪文も!

東須磨小学校同僚いじめた加害者特定?長谷川雅代、蔀俊、柴田祐介、佐志田英和の顔画像は?

Sponsored Link

ネットの反応

誰もが思っていると思いますが、加害者側の教師たちには二度と子どもたちの前に現れてほしくないですし、教師でいる資格もないと思います。

被害を受けた男性教師が生徒にあてた手紙は何度読んでも胸が痛くなりますね。

どうして長い間耐えてきたのか、どうして辞めなかったのか、この手紙を読むだけでわかるような気がします。

本当に子どもたちを大切に思っているし、大好きなんだなということがすごく伝わってきますよね。

こういう方こそ、教師でいてほしいです。

まとめ

50項目にも及ぶいじめ行為、市の教育委員会がいじめを把握してなかった事実についてまとめていきました。

正直、加害者側の教師たちが辞めたにしろ、納得いかないほど大きな問題だと思います。

男性が受けたいじめや心の傷が消えることもなく、生徒と過ごせるはずだった今の時間でさえも奪われたのです。

いちはやく復帰して、また生徒たちと過ごせる毎日が来てほしいですね。

関連記事:東須磨小学校での性行為強要した教員は蔀俊?SNS投稿から考察加害者の謝罪文も!

東須磨小学校同僚いじめた加害者特定?長谷川雅代、蔀俊、柴田祐介、佐志田英和の顔画像は?

-ニュース

Copyright© ちょっと気になるあれやこれ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.