ニュース 事件・事故

大阪市住之江区南港の物流センター(水間急配)で火災!倉庫が全焼!当時の状況動画や画像は?

更新日:

Sponsored Link

10月17日、大阪市住之江区南港の物流センターで火災が発生しました。

およそ2時間半後に火は消し止められたというものの、倉庫は全焼したようです・・・

幸いなことに、けが人はいなかったようで安心しました。

 

今回は大阪市住之江区南港の物流センターで火災が発生し、倉庫が全焼した火災について詳しい経緯や出火原因など調査していきましょう。

 

引用元:https://mainichi.jp/articles/20191017/k00/00m/040/327000c

 

大阪市住之江区南港の物流センターで火災の概要

10月17日午後4時20分ごろ、大阪市住之江区南港南6の物流会社「水間急配」の新南港物流センターで火災が発生しました。

火は2時間半ほどで消し止められましたが、倉庫は全焼しました。

新南港物流センターは鉄骨平屋建ての倉庫で、大きさはおよそ1400平方メートルありました。

けが人はいなく、現在詳しい出火原因を調査しているようです。

 

倉庫は木造ではなく、鉄骨だったのに全焼してしまったのですね・・・

個人的なイメージでは木造は燃えやすそうですが、鉄骨は木造よりは火災に強いイメージがありました。

それでも全焼してしまったというので、驚いています。

今回倉庫が全焼してしまった会社「水間急配」は、しばらくは仕事に支障が出てしまうかと思いますが、けが人がいなかったということなので、不幸中の幸いですね。

火災自体もちろんいいことではないですが、誰も命を落とすこともなく、けがもすることもなかったのは本当によかったと思います。

Sponsored Link

大阪市住之江区南港の物流センターで火災の経緯

火災が発生したのは17日の午後4時20分ごろでした。

出火元は大阪市住之江区南港南6の物流会社「水間急配」の新南港物流センターです。

火が消し止められたのは出火からおよそ2時間半後だったということですが、鉄骨平屋建ての倉庫は全焼しました。

けが人はいないということです。

 

出火した時間は午後4時20分ということで、会社の職員はたくさんいたでしょう。

そして火災が発生した現場付近は倉庫や工場が建ち並ぶ地域ということなので、他の会社や工場の方も近くにいらっしゃったのではないでしょうか。

誰もけがをすることがなく、よかったです。

 

一体、どうして鉄骨平屋建ての1400平方メートルもある倉庫が全焼してしまったのでしょうか。

出火原因はなんだったのでしょう。

つぎで詳しくみていきましょう。

Sponsored Link

>

大阪市住之江区南港の物流センターで火災の原因は?

物流会社「水間急配」の新南港物流センターで火災が発生したわけですが、一体原因はなんだったのでしょうか。

 

警察によると、全焼してしまった倉庫には冷凍食品が保管されていたようです。

冷凍食品が燃えるというわけではなさそうですよね・・・

原因はどうやら、倉庫の問題ではなく、倉庫の北側で“枯れ葉”を燃やしていたことにあるようです。

火災発生前、倉庫の北側では「水間急配」の関係者が枯れ葉を集めて燃やしていたようなのです。

出火原因は詳しいことは調査中ですが、現段階では燃やしていた枯れ葉から倉庫に燃え移ったと考えられています。

 

この時期になると、枯れ葉がものすごい量溜まってしまいますからね~・・・

燃やしている方もいるのでしょう。

個人宅では近隣の関係もあると思うので燃やすということは少ないかもしれませんが、地域によってはしているのでしょうか?

個人的にはしたことはないですし、燃えるゴミの日にゴミ袋に入れて出している方はいらっしゃいますよね。

でも、それが1番いいのではないでしょうか。

枯れ葉を燃やす件について調べてみると、ゴミや枯れ葉を燃やすことは条例で禁止されているともでています。

枯れ葉を燃やすと、煙とニオイがものすごくきついらしいです・・・

少し想像できますよね。目にしみそうです・・・

公園で枯れ葉を燃やしている方がいると近隣に住む方は窓を開けたり、外に洗濯物を干せないほど影響がでてしまうようです。

 

今回の火災はおそらく現段階でわかっているように、“落ち葉を燃やしていた”ことが原因でしょう。

定期的に行われていたことなのか、など詳しい情報はまだ入ってきていませんが、もしも落ち葉を燃やしている方がいらっしゃったら危険なのでやめましょう!

Sponsored Link

大阪市住之江区南港の物流センターで火災の被害状況は?

火災によって物流会社「水間急配」の新南港物流センターの倉庫は全焼してしまいましたが、けがをした方は誰もいなかったようです。

もしも倉庫に取り残された人がいたら、倉庫は最終的に全焼してしまったので、命が危なかったですね。

誰もけがをすることがなかったので、よかったです。

まさに、不幸中の幸いです。

大阪市住之江区南港の物流センターで火災の現場は?

今回火災が発生したのは大阪市住之江区南港南6にある物流会社「水間急配」の倉庫です。

現場は、大阪メトロ南港ポートタウン線(ニュートラム)南港東駅から西2.5キロの倉庫や工場が建ち並ぶ地域です。

 

大阪の海に面しているところってこんな風になっていたのか!と初めて知りました・・・

倉庫がひとつ全焼してしまいましたが、他の倉庫や工場に火が移らなくてよかったです。

現場の状況動画や画像は?

https://matomedane.jp/page/39702

 

https://gochamaz.com/archives/4862

 

少し離れた場所からでも火災が発生していることが一目瞭然ですね・・・

真っ黒くて大きな煙が火災の大きさを示していますね・・・

ネットの反応

 

落ち葉を燃やすことがなければ、こんなことにはならなかったのです・・・

けが人がでなかったことが本当に救いでしたね。

大変危険だと今回の火災でわかったと思うので、落ち葉はゴミ袋に入れて捨てましょう!

まとめ

大阪市住之江区南港の物流センターで発生した火災について調査していきましたが、まさか原因が落ち葉を燃やしていたことだなんて・・・

それで倉庫が全焼してしまって、保管してあった冷凍食品ももちろん全部ダメになってしまったので損害は大きいでしょうね・・・

けが人がでなかったことが不幸中の幸いだと思います。

これからの時期はますます落ち葉がものすごく多くなりますが、燃やすのはやめましょう!

-ニュース, 事件・事故

Copyright© ちょっと気になるあれやこれ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.