ニュース 事件・事故

香港で親中派議員刺される!瞬間映像あり! 選挙活動中に花束を持った男の突然の行動

更新日:

Sponsored Link

香港で、今月24日に行われる区議会議員選挙に立候補した親中派の候補が6日午前、選挙活動中に男に刃物で刺されました。

刺される瞬間の映像も見ましたが…香港はとても不穏な状態で恐ろしくなります。

親中派議員が刺された事件について調べてみました。

 

香港で何君堯議員が刺された事件の概要

抗議活動が続く香港で、今月24日に行われる区議会議員選挙に立候補した親中派の候補が6日午前、選挙活動中に突然刃物で刺されました。左胸を負傷して救急搬送されたそうですが、命に別条はないということです。選挙を予定どおり行えるかどうか不安視する声がさらに高まりそうです。

Sponsored Link

香港で何君堯議員が刺された事件の経緯

香港で6日、24日に投票を控える区議会議員選挙に立候補している親中派の立法会(議会)議員が、路上で花束を渡してきた男に刃物で刺されました。香港メディアによると、左胸を負傷して救急搬送されましたが、命に別条はないということです。

 香港の親中派議員、何君堯氏

襲われたのは何君堯(ユニウス・ホウ、ホウ・クワンユウ)議員(57)で、ベッドタウンの新界地区で選挙活動中でした。襲撃の瞬間を映した動画によりますと、支援者を装い花束を持って近づき一緒に写真を撮りたいと言いながらバッグに手を入れた後、男が手元のバッグからナイフのようなものを取り出し、何議員の胸を刺しました。男はその場で取り押さえられ、間もなく逮捕されました。

何君堯議員のほかに2人が負傷したということです。

 

何君堯議員はフェイスブックに病床での映像を投稿しました。

事件後に議員は声明を発表し、「黒い勢力」が体制派候補を標的にしていると主張しました。「私は今後も勇敢に、恐れず活動を続ける」と述べています。

Sponsored Link

>

香港で何君堯議員が刺された事件の犯行動機は?

何君堯議員が刺された事件の犯行動機については、現在どのニュースでも公表されていません。

日本人の気持ちでも最近はわからないなぁと思う事件が多い中、香港の人の気持ちは全くわかりません。

 

香港は緊迫した状況にあると思います。

民主派と親中派の双方が襲撃される事件が相次いで起こっています。日本は言論で戦いますが、韓国では武力いや武器を使って人を殺傷する手段にでるのが当たり前なのでしょうか。

国が違うと気持ちもわからなくなるのかと思うほど不可解な国です。

 

2日にも、民主化デモが行われていたショッピングモールで、男がナイフで市民5人を切りつけ、止めに入った香港東区区議会の議員が、男に耳を噛みちぎられる重傷を負った事件がありました。

 

7月には、覆面と白いTシャツの集団が元朗区の地下鉄駅で民主派活動家や通行人を襲撃する事件があり、民主派の活動家たちは何議員が襲撃に関与したと非難していました。襲撃後に何議員は自分の関与は否定しながらも、覆面集団は「地元と住民を守っている」のだと擁護の発言をし、覆面の男たちと握手したり、親指を立てて応援の合図を送る様子などが目撃されていました。

 

また何君堯議員は2017年には、『反中抗議に参加する者は「殺される」べきだ』と発言したと非難されましたが、本人は後に自分の言葉が誤訳されたと反論していました。誤訳というのはあるかもしれませんが、的中ではなくても類似した発言をしたから避難されたのではないかとも思います。

ほかに、同性愛を動物との性交と結びつける発言もしたとされています。日本では考えられない発言です。どういう考え方をしたら、同性愛が動物との性交と結びつくのでしょうか。

 

民主派と親中派・・・思想は自由です。きっと国を思う気持ちは同じなのに、やり方が違うのでしょう。だからといって誰かを傷つけるのは間違っていると思います。

香港に行ったことはありませんが、恐ろしい国だという概念を持ってしまいます。もちろん韓国の人全員がそんな人だとは思いませんが。

日本の政治家にも裏で人を操って、もしかしたら人を傷つけている人がいるのかもしれません。いないことを信じたいですが。

 

民主派と親中派の戦い。それが今回の事件でも関係が深いのでしょうか。

それにしても調べれば調べるほど、今回刺された何君堯議員も黒い男だと感じました。

Sponsored Link

香港で何君堯議員が刺された事件の現場はどこ?

香港の新界地区で事件が起きました。

何君尭議員は中国本土との境界に近い新界地区から立候補しています。

当時の犯行動画や画像は!

何君堯議員のプロフィールや経歴

氏名:何君堯(ホウ・クワンユウ)

 英名で「ユニウス・ホウ」

年齢:57歳

出生:広東省 宝安

学歴:1984年英国アングリア・ラスキン大学の前身を卒業

   2011年には同大学から名誉博士号を授与されるが、元朗駅襲撃事件の後大学は学位を撤回

  (2019年10月28日)

前職:弁護士

現職:立法会議員

ネットの反応

まとめ

海外の事件について調べたのは初めてです。

改めて日本は平和な国だと実感しました。日本の政治も避難や戦いはありますが、武力行使というか人を殺すとか刺すとかそんなレベル違いの国があるとは。

だいたい戦い(戦争)は思想の違いによるものが多いと思います。思想は自由ですが、自分の思い通りになることばかりではないはずです。

誰もが自分の意見もいいつつ、相手の意見も取り入れる。そうやって流れていくものだと思っていました。

人を傷つけてなにが解決するのでしょうか?

香港には行きたくないなぁと思う事件でした。

-ニュース, 事件・事故

Copyright© ちょっと気になるあれやこれ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.