ニュース 地域

下久根貴志の顔画像Facebook、出身校は花巻東高?消防士が無免許運転!

更新日:

Sponsored Link

運転免許が停止中に救急車を運転したとして、花巻北消防署の下久根貴志消防士が懲戒免職を検討されているようです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20191108-00426911-fnn-soci 

 

職場に免許停止を届け出ていなかったようですが、なぜそれにも関わらず命に関わる救急車を運転していたのでしょうか・・・。

 

動機やなぜ無免許だったのか、さらに顔画像や出身校まで詳しく調べてみました!

 

下久根貴志が無免許運転をした概要

概要はこちらです。

 岩手県花巻市は8日、花巻北消防署の下久根貴志消防士(26)が運転免許停止処分中、救急車を6回運転したと発表した。下久根消防士は違反を職場に報告していなかったが、同僚と参加していた交通安全コンクールの結果が違反状況とともに職場に届いて発覚した。市は懲戒処分を検討する。

 下久根消防士は6月、東北道で自家用車を運転中、制限速度を47キロ上回ったとして、9月26日から10月8日の間、免許停止となった。この間に車で通勤し救急車も6回運転。道交法違反の罪で罰金6万円の略式命令を受けた。

 上田東一市長は記者会見で「市民の信頼を大きく損ない申し訳ない」と謝罪した。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00000135-kyodonews-soci 

 

なぜこれほど重要なことを職場に届け出ていなかったのでしょうか・・・。

Sponsored Link

下久根貴志が無免許運転をした経緯

下久根貴志消防士は9月26日から10月8日の間、免許停止となっていました。

その間の仕事中に、救急車を6回運転したことが分かりました。

 

その発覚した原因が、同僚と参加していた交通安全コンクールの結果だったというのです。

それが職場に届き、発覚。罰金を支払い、今は懲戒免職が検討されているようです。

 

交通安全コンクールの結果って職場に届くものなんですね。

職場を代表して参加していたのでしょうか。

 

このおかげで発覚したので市民の皆さんとしては、逆によかったのかもしれませんね。

Sponsored Link

>

下久根貴志が無免許運転をした動機は?

なぜ免許停止にも関わらず救急車を運転していたのでしょうか。

通常では考えられないことですよね。しかも一般車ではなく救急車です。

 

詳しい動機については下久根貴志消防士は、

「怖くて消防署に免許停止を報告できなくなった」と話しています。

 

言わなければバレないと思ったのかもしれませんが、思わぬ形で発覚してしまいました。

こういうことは隠してもいつかバレるとは思わなかったのでしょうか・・・。

Sponsored Link

下久根貴志はなぜ無免許だったのか?

まず免許停止になった原因は、6月に東北道で自家用車を運転中、制限速度を47キロ上回ったからでした。

そして9月26日から10月8日の間免許が停止になったにも関わらず、救急車を運転しています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20191108-00426911-fnn-soci 

速度超過は取り締まりも厳しいです。

 

特に高速道路での40キロ以上の速度超過では一発で免許停止になります。

今回47キロの速度超過ということですから、すぐに免許停止になったものと思われます。

下久根貴志の顔画像やSNS、出身校は?

では下久根貴志消防士の顔画像を検索してみました。

 

しかし今のところ顔画像は公開されておらず、SNSも本人と特定できるものは見つかりませんでした。

 

下久根貴志消防士は花巻北消防署に勤務していますが、なんとその出身校が花巻東高校だということが分かりました。

あの大谷翔平選手と同じ出身校ですね!

 

名前で検索してみるとこうした画像が出てきました。

引用:http://www.hanamakihigashi-h.jp/old/topics/2010/1004_kanken/index.html 

サッカー部に所属し、中学は江刺一中学だったことも分かりますね。

大谷翔平選手とは年齢も1歳差?だと思われますので、同じ時期に通っていたようです。

ネットの反応

 

・道路交通法を改正してあおり運転したら一発免許取り消しにするとのニュースがあるけど、免許停止や無免許でも運転出来る事が問題だよね。せっかく免許をIC化したんだから免許を入れて本人確認しないと始動しないような車を作ってもらいたい。

 

・緊急車を運転する、という自覚がない。救急車を運転し、急病人を救っても、自分が法令を守っていなければ公務ではない。上司に免停の報告する必要があった。報告しづらい厳しい職場環境かもしれませんがルールは守りましょう。

 

・免許停止中の事故を防ぐためにも、本人からではなく警察から職場に連絡するようにしないといけないよ。とにかく、運転させてはならない処分なのだから、未然に事故を防ぐことが本人のためになるのだから。

 

・一般の自動車への普及は時間かかるだろうが、働く車は免許証のICを車へ認証させるべきだろう

確かに免許停止になっても運転はできてしまうんですよね。

特にこうした緊急車両などは、免許証を確認してから運転ができるようなシステムが必要になってくるかもしれませんね。

まとめ

以上、無免許運転をした下久根貴志消防士を調べてみました。

救急車に乗っていた時に何もなくてよかったですが、もう少し自覚を持って勤務に当たってほしいですね・・・。

-ニュース, 地域

Copyright© ちょっと気になるあれやこれ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.